このページでは、『横路孝弘ネットワーク通信』No.7から始まりました横路由美子夫人の連載エッセイなどをご紹介いたします。

  54 人生は曇り、雨、時々晴れ ―最近の私のメモ日記から― (2014年1月1日)

  53 東北で考えたこと、感じたこと (2013年10月1日)

  52 「終わりの始まり」から「始まりの始まり」へ (2013年6月21日)

  51 厳しい日々に 光を求めて (2013年2月10日)

  50 命の輝きあふれる子どもたち (2012年9月25日)

  49 一番こころにかかること (2012年7月1日)

  48 民意、民主主義とは何だろう〜代受苦…瀬戸内寂聴さんの言葉から (2012年1月1日)

  47 過ちは繰り返してはならない (2011年9月26日)

  46 当事者の思いに力を (2011年1月1日)

  45 鎮魂の夏 〜語り継ぐ戦争〜 (2010年9月16日)

  44 百聞は一見にしかず (2010年6月1日)

  43 健康な人生を返して下さい (2010年1月1日)

  42 たくさんの切実な願いを力に (2009年10月10日)

  41 「当たり前に生活したい」「働きたい」に向かって (2009年6月1日)

  40 参政権の重み (2009年1月1日)

  39 志を育む (2008年9月20日)

  38 美しい顔 (2008年6月1日)

  37 一歩でも具体的に何かを (2008年1月1日)

  36 希望の光を奪わないで (2007年9月20日)

  35 愛しき母よ (2007年6月17日)


  34 憲法の誕生日 (2007年5月20日)

  33 「市民の『未来』を奪うのか、守るのか」 (2006年9月20日)

  32 「のびやかに、自分の心を語りたい」 (2006年6月1日)

  31 「あなたも行って、同じことをしなさい」 (2006年1月1日)

  30 安心で平和な社会を創るのが、政治の仕事 (2005年10月14日)

  29 「近くて遠い国」ではなく、「近くて親しい国」に (2005年5月9日)

  28  復興支援、平和貢献って何? (2005年1月1日)

  27 子育て支援、介護支援、地域の支えあいを (2004年11月1日)

  26 不作為という作為、不決断という決断 (2004年9月16日)

  25 人間のおごり (2004年5月14日)

  24 北大総合博物館を訪ねて (2004年1月1日)

  23 医者 井戸を掘る (2003年10月7日)

  22 人々を結ぶ芸術の力 (2003年9月16日)

  21 いつか来た道 (2003年7月26日)

  S 兵役拒否の若者達 (2003年4月25日)

  R ボンビーズ 〜クラスター爆弾の悲劇〜 (2003年3月5日)

  Q 小山内美恵子さんとボランティア (2003年1月1日)

  P 生命の重さ (2002年10月20日)

  O シベリアから聞こえてくるもの (2002年8月9日)

  N 「老い」の「未来」は、高齢者自身が決める (2002年7月25日)

  M 忘れまい、チェルノブイリ (2002年6月1日)

  L 福岡のこと、そして戦後の思い出 (2002年4月15日)

  K 映画からのメッセージ (2002年4月5日)

  J 父の贈り物 (2002年3月25日)

  I 静かな人の説得力 (ネットワーク通信No.16 2002年1月1日発行)

  H なくそうバリア、ふやそう心のバリアフリー (ネットワーク通信No.15 2001年10月1日発行)

  G 戦争の悲しみ (ネットワーク通信No.14 2001年6月1日発行)

  F 教育は共育、育児は育自 (ネットワーク通信No.13 2001年1月1日発行)

  E 三浦綾子記念文学館を訪ねて (ネットワーク通信No.12 2000年10月3日発行)

  D みんなちがって、みんないい (ネットワーク通信No.11 2000年4月25日発行)

  C 孫の時代にツケを残さないで (ネットワーク通信No.10 2000年1月1日発行)

  B 十勝平野の夢を後にして (ネットワーク通信No.9 1999年9月17日発行)

  A あかね色の空に (ネットワーク通信No.8 1999年5月17日発行)

  @ 久方ぶりの仲人 (ネットワーク通信No.7 1999年1月1日発行)



 
[トップページ][What's New!][政策][活動記録][講演・対談集][今後の予定]
             [ネットワーク通信][略歴][後援会][写真館][メール][リンク]