今日の行動・メッセージ
2007年2月


2月21日(水)
 民主党所属国会議員のインターンをしている学生の皆さんが副議長公邸を訪問しました。
 政党を通じて応募した人だけでなく、各議員事務所が独自に応募している人もいるので、総勢30数名になりました。
 実社会の体験を積むという意味で各大学でもインターンに力を入れているそうですが、いずれにしても、若い人たちにもっと政治に関心を持ってもらって、よりよい社会の実現のために大いに議論してもらいたいものだと思います。

 せっかくの機会でしたので、私も自分でまとめた格差問題に関する小冊子をもとに、様々な社会経済指標が最近悪化の一途をたどっている現状についてお話しさせてもらいました。
 質疑応答を通じて、若い人たちと意義のある意見交換ができたと思います。

 
2月2日(金)
 夕方に、政府側として塩崎官房長官と与党国対委員長から、その後に野党の国対委員長から、それぞれ衆議院議長へ申し入れが行われました。
 今回の申し入れは、主に柳沢厚生労働大臣の発言問題に関する衆議院本会議および各委員会の開会・質疑に関する申し入れです。
 (左が政府与党側、右が野党側)