今日の行動・メッセージ
2006年7月


7月22日(土)
 今日は午前10時30分から、小沢代表、鳩山幹事長とともに札幌市内のホテル会場において民主党北海道主催のセミナー「民主党の政権戦略を語る」にパネリストとして出席し、ディスカッションを行いました。
 ディスカッションは山口二郎北大教授の司会によって進み、私も小沢さんも鳩山さんも、これまでの小泉政権によって日本の内政と外交が崩壊していること、そして民主党が来年の統一自治体選挙、参議院選挙、そして来たる衆議院総選挙において政権交代を実現し、一日も早く日本の政治を立て直さなければならないという意見で一致しました。

 小沢さんは代表就任直後から全国を回り、地方行政や地域経済などの厳しい状況をしっかり認識しておられるため、地方主権や地方重点の政策を民主党が打ち出して、自民党と真正面から対抗しなければならないともおっしゃいました。また今月初めに中国を訪問し、胡錦涛国家主席と会談したことをふまえ、今の小泉政権のように対米外交一辺倒ではダメで、中国や韓国などアジア各国と綿密な外交を展開していかなければ、日本はアジアや世界から益々孤立することになると述べられました。私も同感です。
 土曜日の午前中にもかかわらず、会場には1000人を越える方々が集まり、小沢さんや鳩山さん、私の話を真剣に聞いてくださいました。

 それから14時からの林野労組北海道地方本部の定期大会に出席したあと、雇用援護制度が今年度で廃止される予定の季節労働者に対する支援策や現状について北海道季節労働組合の担当者らと意見交換を行いました。
 18時から、不慮の事故で5月14日に亡くなられた菅野久光元参議院副議長の偲ぶ会に出席し、献花、献杯をしました。菅野先生にはこれまでも大変ご支援ご協力頂きました。まだまだ叱咤激励して頂きたかったのに、亡くなられたことが本当にただただ残念です。ご冥福をお祈りいたします。
 その後、飛行機で上京しました

 7月25日から8月2日まで、相手国からの招待でベトナム、カンボジアを親善訪問してきます。現地ではカンボジアのフン・セン首相を表敬するとともに、各国国会議長らと会談。また地域紛争で埋められた地雷や不発弾の処理をしている現場の視察、アンコール・ワットなどで遺跡の修復を行っている団体との意見交流会、また日本企業のベトナム工場を視察してきます。訪問の様子は帰国してからここでご紹介します。それでは、行ってきます。

 
7月19日(水)
 午後7時から地元の札幌市西区で行われた民主党西区主催の「時局講演会」に招かれ、小泉政権5年間の社会状況について講演しました。
 講演では、私が政府や国際機関などの統計資料を集めてまとめた冊子をもとに、小泉改革によって課税最低限を下げたり、医療費や介護保険料を値上げしたことによって生活に困窮した無職者や年金生活者の犯罪が増えたことや、正社員が減る一方、契約写真や派遣社員、パートが増えていることで世帯の収入が減り、年金保険料の未納が増えていること、また収入が低ければ低いほど男性の結婚率が低くなることなどのデータを示しました。
 また小泉さんは規制緩和を進めるといいながら、許認可件数はそのままで、金融庁や経済産業省、厚生労働省の許認可件数は増えて、金融機関や企業、社会福祉施設や国民の活動を規制していることを例示しました。
 また公務員の数は人口対比で先進国の中で一番低いこと、障がい者に自己負担させている先進国は日本しかないことなどを挙げ、小泉政権がいかに一般庶民や高齢者、障がい者などの生活を苦しめいているかを訴えました。

 
 
7月5日(水)
 国会は6月で閉幕しましたが、外国議員団の訪問は一年を通じて行われています。
 今日は、スペイン第1副議長一行の表敬訪問を受けました。国会開会中は本会議の都合もあるので国会議事堂内で表敬を受けることが多いのですが、閉会中ですので、副議長公邸でお会いしました。公邸の閑静なたたずまいと美しい日本庭園は、一行にも喜んでいただけました。
 昨年、スペイン側で対日友好議員連盟を設立したことを受けて、今回、初めての友好親善訪問を行ったものです。スペインは積極的な外交政策を掲げて、アジア外交の強化に努めています。アジアの重要拠点である日本とは、政府間、議会間、その他様々なチャンネルを通じての関係強化をめざしています。日本側も友好議員連盟が来年スペインを訪問して、議員間の対話を続ける予定です。
 スペインのバレンシアでは地下鉄事故で多数の死傷者が出て、また北朝鮮がミサイル発射に踏み切るなど、残念な出来事が起きたばかりでしたが、フランシスコ・ザビエル以来、450年にわたる交流の歴史を踏まえて、引き続き友好な関係を強化していくことで双方の意見が一致しました。

 
7月1日(土)
 今日は地元、札幌市西区の地域FM「三角山放送局」において、トーク番組「レンガへようこそスペシャル」の収録を行いました。前にも99年10月30日に生放送のDJをさせてもらいましたが、今回は放送局スタッフの方との対談という形になりました。
 収録中、私は衆議院副議長としての仕事や今の日本の政治のこと、そして小泉政権になってから自殺率が悪化したり階層の二極化が拡大している日本の社会状況や米軍再編問題など、幅広い分野について語りました。
 この模様は2日(日)午後1時から放送される予定です。ラジオの電波は西区はもちろん、その周辺の区に広がっていますので、聞くことができる方はぜひ聞いていただきたいと思います。