今日の行動・メッセージ
2003年7月

7月2日(水)
 政府与党はイラク特措法、いわゆるイラク新法を今週中にも衆議院を通過させようとしています。
 私はこの前もメッセージに書きましたとおり、このイラク新法には断固反対です。
 国連の承認を得ないままイラクを先制攻撃し占領状態にしているアメリカ軍などのために武器弾薬や兵員を運ぶことは完全に日本国憲法に違反しています。
 また、イラク国内のあちこちで戦闘状態が続いています。首都バクダッドでもアメリカ兵やイギリス兵がイラクの武装集団によって襲撃され、多くの兵士が犠牲になっています。
 戦闘地域に専守防衛が主目的である日本の自衛隊を派遣することは許されません。派遣しても国際協力にも何にもなりません。
 自衛隊を派遣してしまったら、イラクはもとより、周辺の中東各国に敵対心を抱かせてしまうことにつながりかねません。
 この法案の目的は戦闘地域に自衛隊を派遣してアメリカに協力するという前例を作ることであり、イラクの復興を支援するというのは名ばかりです。
 民主党一丸となってこの政府のイラク新法は廃案にするよう全力で頑張ります。