今日の行動・メッセージ
2002年7月

7月31日(水)
 延長されていた第154回通常国会が今日で閉会しました。
 昨日は衆議院で小泉内閣不信任決議案を、今日は参議院で小泉首相問責決議案を私ども野党共同で提出しましたが、いずれも否決されました。

 今国会は192日間、つまり半年以上にわたっていろいろな法案などを審議しました。大変長い日程でしたが、この中で小泉首相が掲げた構造改革はほとんど成果を上げられず、逆に健康保険法改正案など、国民皆さん一人一人に新たな負担を強いる法案が与党の強行採決などで成立してしまいました。
 個人情報保護法案についてもご存知のとおり、国民のプライバシーを守るというよりは政治家に対する取材を制限しようという内容で、国民、マスコミ、野党の強い反対で成立はしませんでしたが、小泉・自民党は次の国会で成立させようとしています。

 「備えあれば憂いなし」と言っていた有事法制も、中身を見れば自衛隊の権力を強めて活動をスムーズにするだけで、国民の生活や財産を守るという一番重要な点が全くありませんでした。
 この有事法制について私は断固反対で、今国会で廃案にしようとしましたが、そのまま継続審議となってしまいました。

 小泉内閣の支持率が下がる中、民主党の支持率は上がるどころか下がりつつあります。
 本来、野党第1党の役割とは、与党を厳しくチェックするとともに、対案を示し、しっかり対決していく、そして国民の皆さんに明確なビジョンを提示することです。

 しかし今国会での民主党は最初、執行部の中に「小泉構造改革万歳!」と言う方もおられました。構造改革の目的がだんだん「弱肉強食社会づくり」だとわかってきたところで「やっぱり反対!」と言っても、それでは国民の皆さんは応援どころか信用してくれるはずがありません。
 さらには民主党の基本理念、基本政策のひとつである「外交」「安全保障」についても、それを揺るがすような動きが党内で起きつつあります。

 このままでは民主党が「第2自民党」になってしまう。そうならないように、本当に与党をチェックし、与党に代わる具体的な政策を提言できる民主党にしていくために全力で頑張りたいと決意し、9月23日に行なわれる民主党代表選挙に立候補することを決め、8月6日に民主党発祥の地、北海道:札幌で立候補を正式に表明することを決めました。

 今回の代表選挙では、民主党員・サポーターも投票できます。「サポーター」は18歳以上の方で、登録費1,000円(年間)を納めれば誰でもなれます。私の事務所に連絡してくだされば登録申込書をお送りしますし、8月1日から30日まで民主党ホームページでもネット登録を受け付けています。ぜひ皆さん、サポーターになって代表選挙で投票して、「政権政党 民主党」づくりに参加してください。


 <民主党代表選挙に関する今後の予定>
  ・8月6日(火) 18:00〜  立候補正式表明と政策発表 (札幌市内)
  ・  同日    18:20〜  立候補表明街頭演説会 (札幌:ススキノ交差点付近)

 
 
7月19日(金)
 7月6日に札幌で政経セミナー、そして17日に東京でセミナーを開催しました。

 札幌でのセミナーでは三井物産戦略研究所の寺島実郎さんに講演していただきました。寺島さんには国際情勢から日本の現状、そして北海道の活性化に向けた具体的な政策など、様々な分野について講演していただきました。

 東京でのセミナーでは、「インサイダー」編集長の高野孟さん、慶応大学教授の金子勝さん、人材育成技術研究所の辛淑玉さんに講演していただき、日本の取るべき方向性と民主党の役割などについて多くのご意見をいただきました。

 この2つのセミナーで得られた提言・政策等は理想的かつ現実的で、本当に素晴らしいものでした。これからの政治活動、党内活動において活用していきたいと思っています。