今日の行動・メッセージ
2002年1月


1月31日(木) 大橋さんの辞職について
 突然のことで、本当にビックリしています。
 仲間として、これから一緒に民主党を強くするために活動しよう、民主党が野党第一党としての役割をしっかり果たす政党になるように頑張ろう、と誓い合ったばかりでした。
 残念でなりません。
 大橋さんのお話を聞くと、雑誌のコラムについて「代表批判はやめてほしい」とか、「『有事立法を考える会』への出席はやめろ」とか、党の幹部からひとつひとつクレームがつけられて、ジャーナリストとして大橋さんには我慢ができなかったとのことです。
 異なる意見や批判が許されないのでは、民主党の名前が泣きます。もっと自由な議論のできる党にしなければと思いました。

 
1月30日(水)朝
 皆さんもご承知のように、昨日午後から深夜までの短い時間に、大きな出来事が相次ぎました。
 ひとつは、共に民主党の中で頑張ってきた参議院議員の大橋巨泉さんが辞職を表明したことです。大橋さんには、私が会長を務める「新政局懇談会」の副会長になっていただいており、自民党と対抗・対峙し得る民主党をつくっていくために一緒に頑張ろうと約束した矢先のことだけに、非常に残念でなりません。
 今日このあと、大橋さんからお話を伺いたいと思っています。

 そしてもうひとつは、田中外相と外務事務次官の更迭、衆院議運委員長の辞任です。
 アフガン復興会議への日本のNGO2団体の参加を外務省が拒否したことから表面化したこの問題は、「けんか三成敗」でうやむやにしてはいけない問題です。小泉首相には、外相らを更迭する前に、ことの真相をしっかり解明し、国民に説明する責任があります。このままでは、国民の政治不信は益々増大してしまいます。
 「言った、言わない」のレベルではなく、国会議員が外務省に対して圧力をかけたかどうか、それに外務省が応じたかどうかの問題なんです。
 「けんか両成敗はアンフェアだ」と話されたNGO代表の大西さんの言葉はそのとおりだと思います。

 
1月28日(月)
 吹雪の中、新千歳空港から飛行機に乗り上京しました。猛吹雪も困るけれども、雪の降らない暖かい北海道の冬も考えられません。
 今日は夜9時から本会議が開かれ、平成13年度の補正予算案の審議、採決が行われる予定です。
 そして明日の夜にはまた北海道に戻り、ある町でいまの政治情勢について講演する予定です。

 
1月22日(火)
 いよいよ昨日から、第154回通常国会が始まりました。わたしは「内閣委員会」、「沖縄及び北方問題に関する特別委員会」、「国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会 (テロ対策特別委員会)」の委員として所属し、審議に取り組みます。
 今国会もいろいろと国際的な課題や国内の問題が山積していますが、これからも全力で頑張ります。

 平年なら真冬の寒い時期にもかかわらず、大雨が降りました。2月5日から始まる「さっぽろ雪まつり」にむけて雪像作りが大通公園で進められていますが、雪像の上から青い大きなビニールシートがかけられています。
 地球温暖化の影響でしょうか。近年になって目に見える異常気象が多くなったことに心が痛みます。