今月の行動・メッセージ
2001年10月


10月30日(火)
 自衛隊の米軍への協力法が、参議院本会議で賛成多数で成立してしまいました。大変残念なことです。
 特に米軍のアフガニスタンへの空爆が続き、それによって毎日罪のない人々が殺されています。しかも、もうじき冬を迎えます。
 先日、パキスタンやアフガニスタンで20年近く医療活動をしているNGO団体「ペシャワールの会」の中村哲医師から話を聞きました。アフガニスタンの首都カブールに現在約100〜150万人の人々が暮らしておりますが、そのうち10〜15万人は、今のままですと栄養失調で餓死したりして、年を越せないだろうと言われているそうです。

 そこで、民主党に「アフガニスタン難民等支援募金活動委員会」がつくられ、私がその責任者になりました。
 この中村医師などの活動を支援し、難民とアフガニスタン国内の被災者への救援を目的としています。どうか皆さんのご協力をお願いいたします。
 なお、募金の振込先等は下記のとおりですので、よろしくお願いいたします。

  郵便振替
     口座名   民主党募金口座
     口座番号  00110−6−65328

  銀行口座
     口座名   民主党募金口座
     口座番号  大和銀行衆議院支店(店番 328) 普通 7815354

 
10月15日(月)    テロ対策特別措置法案(対米支援法案)について

 現在審議中のテロ対策特別措置法案に、私は反対です。

 @今回の法律は、第一に自衛隊の行動を無制限に、地球上のあらゆるところに出撃できるものになっていま
  す。
  何と言っても、自衛隊の任務は日本の国土防衛です。海外で紛争を解決するために武力(軍事力)を行使
  するのは憲法上禁止されていることです。

 A第二に、外国の領域へも出動できるようになっています。
  もし現在、アフガンの北部同盟が政権を宣言し、その同意を得ることができれば、アフガン国内でも活動で
  きることになります。とんでもないことです。

 B米軍以外のあらゆる軍隊にも協力できるようになります。

 C集団的自衛権の行使に道を拓くものです。
  わが国が攻撃・侵略を受けていなくとも、アメリカが自衛権を発動したとき、共に戦うのが集団的自衛権で
  す。捜索・救助、武器・弾薬の輸送など、兵たん活動であり、戦争の重要な分野です。

 いよいよ大詰めです。民主党内でも議論を重ねていますが、70%は慎重派です。
 最後まで全力で努力します。