今月の行動・メッセージ
2001年6月

6月27日(水)
 皆さんもニュースなどでご存知かと思いますが、北海道北広島市で、訓練中の航空自衛隊の戦闘機から機関砲が誤射され、リハビリセンターやゴルフ場などに落下・直撃した事故がありました。
 この事故に対し、私ども民主党は防衛庁に対し、徹底的な調査と、二度とこのようなことが起こらないように再発防止に努めるよう、次のような緊急申し入れを行ないました。


      航空自衛隊F−4型機の誤射事故に関わる緊急申し入れ

 去る6月25日午前10時55分頃、航空自衛隊F−4型機の20mm機関砲弾不時発射事故が起こった。恵庭市・島松演習場内でのロケット弾による空対地射爆撃訓練中に200発程度が発射され、一部が射場の約10キロ北にある北広島リハビリセンター等に落下。12発が車両、建物、道路に着弾したとの報告がなされた。
 現在、人的被害はないとのことだが、着弾した北広島リハビリセンターは、北海道内屈指の社会福祉施設。入所者・日帰りを合わせて約300人の利用者がおり、市街地から近く、状況次第では重大事故となった可能性も否定できない。
 国民の生命や財産を保護するべき防衛庁としての責任は、極めて大きく、度重なる事故に猛省を促すとともに、徹底的な原因究明と安全管理・再発防止、また原因が明らかにされるまでのあいだ訓練を凍結する等の対策を早急に講じるよう強く申し入れる。
                                                             以上


 また今日午後3時30分から、「航空自衛隊F−4型機誤射に対する民主党北海道・連合北海道合同調査団」による現地調査を行ないます。私はその調査団の副団長として、調査してまいります。調査するところは、北広島リハビリセンターと、航空自衛隊第2航空団です。
 この調査結果についてはまたご報告します。