安心できる年金を!
年金抜本改革法案を衆議院に提出

2004.11.19

 横路さんは11月19日、公的年金制度の一元化を柱とする年金抜本改革法案を衆議院に議員立法として提出しました。

 この法案では、政府の改正年金法の取り扱いに関して、05年4月以降の保険料の引き上げを凍結、基礎年金国庫負担率の引き上げは歳出改革によって行うこととしています。

また最低保障年金の給付額を7万円と明示、さらに新制度に必要不可欠な社会保険庁廃止、歳入庁の設置、納税者番号制度については06年3月までに法整備を行うこととしています。