当事者の声を国会に!
「福祉のまちづくりとNPO」フォーラム開催

2004.10.31

 横路さんが会長を務める民主党NPO局・市民政策議員懇談会が10月31日、NPO団体との意見交換会「福祉のまちづくりとNPO」を札幌で開催し、NPOや障害者団体関係者ら約100人が参加しました。
 冒頭、横路さんが「皆さんからの意見、要望を聞いて地域で誰もが安心して暮らせる制度をつくりたい」と述べたあと、各団体から支援費制度と介護保険の統合問題や障がい者の就労支援についての提言を受け、出席した国会議員と議論を深めました。

 障がい者生活支援センターライフの石澤利己さんは、就労した障がい者が社内でのいじめやリストラで退職し、作業所に入所してくるケースが増えていることを指摘。その上で「障がい者を単に就職させるだけでは職業紹介事業者と変わらず就労支援とは言えない」と述べ、就職後も技術、精神の両面から障がい者を支えて職場への定着を図る「ジョブコーチ制度」を充実させることを訴えました。

 またSTネット北海道の竹田保さんは、支援費制度と介護保険制度の統合問題について、「統合されて何が変わるのかを私たち当事者に何も示さずに統合議論が行われているのは非常に不愉快だ」と述べ、実際にサービスを受ける当事者の意見を把握した上で統合議論を進めるよう出席した国会議員に強く要請しました。

 横路さんは「皆さんからのご意見は党の政策や国会質問において必ず活かし、予算、法律として実現していく」と参加者に約束しました。