統一地方選勝利と政権交代の実現を!

「2003年 よこみち孝弘と新年交礼会」
2003.1.11

 新春恒例の「よこみち孝弘と新年交礼会」が札幌市内のホテルライフォート札幌で開かれ、来賓や支援者など約750人が集まりました。

新年交礼会で挨拶する横路孝弘 横路は挨拶の冒頭、昨年の民主党代表選挙におけるご支援に感謝とお礼の言葉を述べたあと、アメリカのイラクをはじめとする軍事世界戦略に対し、カーター元米大統領の「戦争は常に悪であり決して善行ではない」との言葉を引用し、「新しい年は何より世界平和を基調とする希望の年としなければならない」と強調しました。

 小泉内閣が強引に進める構造改革は「解雇の自由化、医療費負担の増加、中小企業や地域金融機関無視の経済金融政策など、国民生活を無視した弱肉強食社会をめざすもの」と批判し、「野党第1党としての民主党はこのこととしっかりと対決し、すべての人々が安心して働き、生活できる社会づくりをめざし、全力をあげて4月の統一地方選挙の勝利と、一日も早い政権交代を実現しなければならない」と力強く決意を訴えました。
 出席者から「頑張れよ!」の声と大きな拍手でエールが送られました。