野党第一党としての役割を果たす!

2002.1.12

 新春恒例「よこみち孝弘と新年交礼会」がホテルポールスター札幌で開かれ、来賓や各級議員、支援者や企業経営者などおよそ700人が集まりました。
 多くの来賓や国会議員が出席する中、代表して堀達也北海道知事から横路に激励の挨拶をいただきました。

 横路は挨拶の冒頭、先頃亡くなった高田治郎後援会長について哀悼の言葉を述べたあと、「野党第一党の役割は与党をしっかりチェックすることだが、いまの民主党はそうではない。結党の原点に返り、野党第一党としての役割を果たしていかなければならない」と民主党の役割を強調しました。

 また小泉内閣の構造改革について「強いものがより強くなる社会にしてはいけない。しっかり議論して改革の中身を見極めることが我々の仕事だ」と自民党との対決姿勢をあらためて示しました。
 そして「野党党首らと政権を担えるかどうかの議論をしてきた。民主党内の体制強化も重要で、今後も党内外で活動していきたい」と力強く訴え、出席者から拍手とエールが送られました。

 乾杯の後、各級議員によるスピーチ、そして今年もサッカーのJ1リーグで頑張るコンサドーレ札幌のチアガール「コンサドールズ」によるリズミカルなダンスパフォーマンス、さらには「槙邦雄トリオ」によるジャズ演奏で会場は大変盛り上がりました。

 当日、会場には野党共闘に向けて活動を活発化している横路を報道しようと、テレビ局や新聞社の記者やカメラが大勢詰め掛けました。
 横路は由美子夫人とともにマスコミ陣に囲まれながら会場内をまわり、出席者と意見交換や写真撮影などをしました。

横路の挨拶全文はこちら