介護を社会全体で支える体制づくりを
「横路孝弘・沖藤典子講演会」
2000.3.4

 横路孝弘を応援する女性の会「よこみちさんとグリーンの風」による「横路孝弘・沖藤典子講演会」が3月12日に札幌市内で開かれ、参加したおよそ600人が2人の話に聞き入っていました。

 最初に演壇に立った沖藤さんが「妻や娘など、女性に介護を押し付ける家庭が多い。家族や社会全体で介護する体制の確立が必要」と実体験を踏まえて講演すると、参加者のほとんどがうなずいていました。

 それに応えるように横路孝弘は「4月から始まる介護保険制度はまだ不充分だが、皆さんから寄せられる諸問題をしっかり受けて、社会全体で介護する制度に変えていきたい」と話しました。